●HOME >  自己炎症性疾患とは…

自己炎症性疾患とは…

原因不明の発熱が続くとき、(1)感染症、(2)悪性腫瘍、(3)リウマチ性疾患・膠原病、(4)その他(薬剤熱、内分泌疾患など)の可能性を考える必要があります。一方、検査を進めていく途中で自然に治ったり、また逆に治ったと思っても再び発熱してしまい、診療に難渋する場合があります。近年、自己炎症性疾患という病気の概念が提唱されました。原因不明の持続する発熱または周期性発熱など持続する炎症が存在する場合、この自己炎症性疾患を新たなカテゴリーとして、念頭におく必要があります。

もともと免疫システムは、不都合な病原微生物から人間の体を防御する機構として発達してきました。免疫システムには、「獲得免疫」と「自然免疫」の2つのシステムが存在します。獲得免疫は病原微生物に特異的に反応するのに対し、自然免疫は非特異的に、もしくは病原微生物の共通部分をパターン認識して応答します。また、この2つの機構は、共同で感染防御にあたります。

以前より、獲得免疫の異常として各種の「自己免疫疾患」が知られています。近年、自然免疫の異常によって、炎症反応が自然に起こり臓器障害に至る「自己炎症性疾患」が存在することが明らかになりました。通常、自己免疫疾患では自己抗体や自己反応性Tリンパ球などを認め、自己免疫疾患の診断に有用です。一方、自己炎症性疾患では、自己抗体や自己反応性Tリンパ球は認めません。したがって、自己炎症性疾患の診断には、臨床症状や遺伝子検査が重要です。しかし、自己炎症性疾患には、典型例とともに非典型例が存在するため、診断が難しい患者さんにもしばしば遭遇します。
また、自己炎症性疾患という言葉が定義する疾患の拡がりについても一致した見解はなく、2型糖尿病や動脈硬化も広義の自己炎症性疾患とする意見もあります。
自己炎症性疾患は発症頻度が低く、患者さんの長期予後がどうなるかについて、十分には把握できていません。
治療開発も、十分にはなされていません。

このような日本の自己炎症性疾患の現状を背景に、医療関係者及び患者さんに対して役立つものとなることを目標に、このホームページは作成されました。

Illustrator  RENN

自己炎症性疾患とは、自然免疫制御異常により発症する炎症性疾患です。 対比される疾患として、獲得免疫制御異常により発症する自己免疫疾患があります。

 

自己炎症性疾患の分類

A. 狭義の自己炎症性疾患
クリオピリン関連周期熱症候群(CAPS)
  家族性寒冷蕁麻疹
  Muckle-Wells症候群
  CINCA症候群/NOMID
TNF 受容体関連周期性症候群 (TRAPS)
高IgD症候群(メバロン酸キナーゼ欠損症)
ブラウ症候群/若年発症サルコイドーシス
家族性地中海熱
PAPA(化膿性関節炎・壊疽性膿皮症・座瘡)症候群
中條-西村症候群
Majeed症候群
NLRP12関連周期熱症候群(NAPS12)
インターロイキン1受容体アンタゴニスト欠損症 (DIRA)
インターロイキン36受容体アンタゴニスト欠損症(DITRA)
フォスフォリパーゼCγ2関連抗体欠損・免疫異常症(PLAID)
HOIL-1欠損症
SLC29A3欠損症
CARD14異常症
ADA2欠損症
STING–Associated Vasculopathy with Onset in Infancy (SAVI)
NLRC4異常症

 

B. 広義の自己炎症性疾患
全身型若年性特発性関節炎
周期性発熱・アフタ性口内炎・咽頭炎・リンパ節炎症候群 (PFAPA)
成人発症型スティル病
ベーチェット病
痛風
偽痛風
Schnitzler症候群
Ⅱ型糖尿病
慢性再発性多発性骨髄炎(CRMO)

「自己炎症疾患およびその類縁疾患に対する診療基盤の確立」研究班のなりたち

平成21年度より、難治性疾患克服研究事業において、これまで十分に研究が行われていない疾患について診断法の確立や実態把握のための研究を行う、研究奨励分野が新たに設置されました。
その中で、自己炎症性疾患に関する研究課題として、①Cryopyrin-associated periodic syndrome (CAPS) に対する細胞分子生物学的手法を用いた診療基盤技術の開発、②日本人特有の病態を呈する高IgD症候群に向けた新規診療基盤の確立、③家族性地中海熱の病態解明と治療指針の確立、④TNF受容体関連周期性症候群 (TRAPS) の病態の解明と診断基準作成に関する研究、⑤NOD2変異を基盤とするブラウ症候群/若年発症サルコイドーシスに対する診療基盤の開発、⑥中條-西村症候群の疾患概念の確立と病態解明に基づく特異的治療法の開発、の6題が採択されました。
この中で、個々の自己炎症性疾患を、包括的に把握する必要性が生じ、平成24年度から、「自己炎症疾患およびその類縁疾患に対する診療基盤の確立」がスタートしました(25年度終了)。その成果の1つとして、自己炎症性疾患の診療フローチャートが作成されました。同診療フローチャートは、小児リウマチ学会に承認され、たくさんの専門家の意見を反映した日常診療における指針と考えております。
 一方、この指針は専門家集団のコンセンサスであり、よりエビデンスレベルの高いガイドラインが求められております。その必要性に応えるため、MINDSに準拠したガイドラインを作成することを目的とした"自己炎症性疾患とその類縁疾患の診断基準、重症度分類、診療ガイドライン確立に関する研究"が平成26年度より組織されました。さらに、未だ不十分である病態解明・新規薬剤開発をさらに追求することを目標とした"自己炎症性疾患の治療標的分子の同定及び薬剤開発基盤の整備"も同時にスタートしました。これら2つの研究班の目指す到達点は自己炎症性疾患患者さんのQOL向上、治癒であり、以下の4本の柱をもって、その実現に向けて、歩んで行きたいと考えています。
皆様のご協力をお願い申し上げます。

自己炎症性疾患診療基盤の確立[患者登録システムの構築][診療フローチャートの作成][疾患研究の推進][未だ満たされない医療ニーズの解消]

“自己炎症性疾患とその類縁疾患の診断基準、重症度分類、診療ガイドライン確立に関する研究”班

所 属 氏 名
研究代表者 京都大学小児科 平家俊男
分担研究者 理化学研究所 統合生命医科学研究センター 有田誠
信州大学移植免疫感染症 上松一永
久留米大学内科 井田弘明
東京医科歯科大学小児科 今井耕輔
岐阜大学小児科 大西秀典
かずさDNA研究所 小原収
和歌山大学皮膚科 金澤伸雄
東京医科歯科大学小児科 金兼弘和
成育医療センター・成育遺伝研究部 河合利尚
東京女子医大膠原病リウマチ痛風センター 川口鎮司
千葉大学皮膚科 神戸直智
鹿児島大学小児科 武井修治
京都大学iPS研究所 中畑龍俊
京都大学小児科 西小森隆太
防衛医大小児科 野々山恵章
九州大学小児科 原寿郎
長崎医療センター・リウマチ科 右田清志
成育医療研究センター研究所・政策科学研究部 森臨太郎
東京医科歯科大学小児科 森尾友宏
金沢大学小児科 谷内江昭宏
横浜市立大学小児科 横田俊平
研究協力者 成育医療研究センター研究所・政策科学研究部 掛江直子
京都大学小児科 河合朋樹
北里大学理学部物理学科 小寺義男
京都大学小児科 八角高裕

(アイウエオ順)